ライフスタイル(AGA, ED) [外来診療]

ED(勃起不全)外来

千代田区内、半蔵門周辺の診療所としては、レビトラ、シアリス、バイアグラの処方量が最も多いクリニックです。ED専門のホームページでも、トップクラスに紹介されています。糖尿病の合併症としてのED受診者が多いのですが、一般の患者様にも、診察室内直接で処方いたします。

ライフスタイル外来とは?

外来の受付にこられた患者様が、「ED外来をお願いします」とは、なかなか言いにくいものです。ですから、当院では、ED治療と男性型脱毛症治療の診療をあわせて、「ライフスタイル外来」という形で、表現するようにしております。

もし当院の受付で申込をされる場合に、どの外来をご希望ですか?と受付に質問された時には、「ライフスタイルでお願いします」とお答えください。この用語であれば万が一、他人の耳に入ったとしても解らないので安心です。

特徴

プライバシーを保護する為、男性医師が診察室の中で直接、処方いたしますので、プライバシーをできるだけ保護することができます。予約は不要で、すぐに処方いたします。

診療内容

初診料、再診料がかかります。ただし通院中の方や、人間ドックなどで既に心臓などに関する検査が済んでおられる方は、再診となります。診療内容は、軽い問診と心電図検査などです。

診療時間

  • 月曜日(午前、午後、夕方)男性医師
    ただし2時から3時は、完全予約外来です。
  • 火曜日(午前)男性医師
  • 木曜日(午前、午後)男性医師
  • 金曜日(午前のみ)男性医師

男性医師の外来をお勧めします。

再診での処方

受付の診察券入れに診察券を入れてください。電子カルテに登録後、医師の診察となります。待ち時間が短い曜日は、月・金曜日の午前、木曜日午後の時間帯です。火・水・木曜日午前については、混雑が予想されます。混雑緩和にご協力をお願いいたします。

AGA(男性型脱毛症)外来

ライフスタイル外来とは?

男性型脱毛症(英語名ではAGA と言います)にお悩みの方で、内服薬(5α・還元酵素阻害剤、日本では薬剤名:フィナステリド)の投薬をご希望される場合、その説明と処方を行います。この内服薬フィナステリドは、厚生労働省の方針で保険がききません。その為、皆様にできるだけ安価な料金でご利用いただきたいという主旨で、当院での治療を開始することにいたしました。

フィナステリドは脱毛症の内服薬です。詳しくは、AGAの専門解説サイトがありますので、参照ください。(提供:万有製薬)

自費負担の医療

フィナステリド錠は保険適応外薬剤のため、自費負担です。初めて当院を受診される方は初診料2,000円(税込2,160円)となります。再診料(処方料)は1,500円(税込1,620円)です。

東京近郊では、かなり安価な価格設定

フィナステリド1錠(1mg)あたりの価格は214円。1ヶ月分28錠で6,000円(税込6,480円)です。

都心、千代田区ではダントツの人気。

当院では1ヶ月、約100箱のフィナステリドが処方され、ご利用者人数は、内科クリニックとしては異例の100人以上です。もともと人間ドックの時に、ご紹介し普及したのがきっかけですが、たまたま価格を6,000円にしたことが話題をよび、東京中からフィナステリドを購入される方が多いのが実状です。

本来は、人間ドックを受けていただいた方への、サービスというつもりで価格設定しましたので、他のクリニックよりも断然に安い価格になったようです。

腫瘍マーカー、PSA測定のお勧め

フィナステリドを服用すると血中PSA値が約50%低下し、前立腺癌の早期発見に障害となる場合があります。この為、ドックなどで服薬開始前2ヶ月以内にPSAを測定している方を除いては、フィナステリド服用前にPSA測定をお勧めしています。この場合のPSA測定は自費扱いとなり3,200円(税込3,456円)です。また服用後6ヶ月目に効果判定をかねてPSAの再測定をお勧めします。

ご予約・お問い合わせはこちら
03-3234-6060

メールでのお問い合わせはこちら » info@iryoo.jp


外来診療
Pupil meter
糖尿病
一般内科
内分泌・甲状腺 糖尿病専門医
呼吸器内科
循環器内科,循環器
心療内科
ライフスタイル,AGA,ED
禁煙外来

  • 2016年版名医ランキング(桜の花出版)
    2016年版名医ランキング(桜の花出版)
  • 鈴木吉彦 院長 がBest Doctor に 選出されました